カートをみる 新規会員登録 & マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客さまの声 サイトマップ

「じねんじょ村」では、自然薯を使用して、食べやすい加工品をお届けしています。
柳井は自然薯栽培発祥の地です。柳井の自然薯は、全国へ種芋として出荷が多く、3種混合肥料と時間差肥料での開発により他県よりもまっすぐである事が特徴です。


 

柳井の自然薯

自然薯(じねんじょ)は”ジャポニカ”の学名をもつ、日本原産の植物です。他の山芋よりもぬめりやネバリ・風味が優れており、とろろを始め、団子汁・雑炊など様々な料理で使われています。

自然薯は精がつき、からだに良い滋養強壮食として知られ、昔から珍重されています。


また、自然薯には血をサラサラにする効果があるといわれているポリフェノールが多く含まれています。その他、心臓病・ガン・骨粗しょう症・更年期障害などの予防・改善に効果があるといわれているイソブラボンも自然薯に含まれています。自然薯は健康食として大変評価の高い食物なのです。なお、自然薯は11月頃〜3月頃までが旬と言われてきましたが、現在は保存技術が向上したことで、いつでもおいしい自然薯を注文することができます。


柳井の自然薯について

山口県の東部、瀬戸内海の海岸線に迫る丘陸地に位置する柳井市。北部には山稜に囲まれた盆地で「自然薯」など農産物が収穫される農山村集落が散在しています。柳井市は自然薯栽培の発祥の地です。柳井市「政田自然農園」の故 政田敏雄氏が「クレバーパイプ」「白黒マルチ」の発明と数々の試行錯誤行い、不可能といわれた自然薯栽培を実現しました。政田敏雄氏は全国に自然薯栽培の普及に努め、今では自然薯は畑で作られる作物になりました。


ページトップへ